プロフィール
森公認会計士事務所
森公認会計士事務所
<サービス>
◆創業融資に特化
 ・日本政策金融公庫の創業融資
 ・東京都港区の制度融資でも、創業支援を行っています


< 概要>
◆住所: 東京都港区芝浦3-12-2 芝浦田中ビル5F
◆TEL: 03-6722-0960 FAX:03-6722-0961
◆HP: https://tamachi-yushi.com/
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人

2011年08月14日

【監査法人 「副業」で稼ぐ?】 - 監査報酬は1%増 -

こんにちは、東京港区の公認会計士 森 滋昭です。

日経新聞が、日経225対象銘柄の2011年3月期決算の会社179社について、有価証券報告書に記載されている監査報酬を調査しました。

179社の監査報酬は、
 ・監査報酬  594億円 前期比 1%増
 ・非監査報酬 55億円 前期比 約200%増
 ・合計  649億円 前期比 5%増

調査では、非監査報酬約2倍と、大きく伸びていることが目を引きます。

この非監査業務とは、「財務書類の調製をし、財務に関する調査若しくは立案をし、又は財務に関する相談に応ずること」と、公認会計士法第二条2項で規定されています。

つまり、非監査業務をコンサルティングといっても、いわゆる経営コンサルではなく、会計に関するコンサル業務です。


では、具体的な非監査業務とは何かというと、
・コンフォートレター ※
・企業買収時のデューデリジェンス
・国際会計基準への移行に伴うアドバイス
・上場申請時の書類作成のアドバイス
などが主な業務になります。


このように監査法人の「副業」、コンサルティングといっても、会計やコンプライアンスに関連する内容で、非常に限定されています。

【監査法人 「副業」で稼ぐ?】 - 監査報酬は1%増 -

今回、監査法人が、「副業」を大幅に増加させたと言っても、収入規模としては、監査業務の1割程度です。

そのため、監査法人は、今、監査以外のコンサル業務の強化を図っています。


しかし、今回の「副業」の大幅増加も、IFRS(国際会計基準)導入に際する助言が大きいようですが、この6月に、IFRS導入が延期されたことにより、今、多くの企業がIFRS導入プロジェクトの見直しを考えています。

非監査業務で大幅な増収を期待できたIFRSですが、今後の見通しは不透明となってきています。


一方、収入の大部分を占める監査報酬の伸びは1%に過ぎません。

こうしてみると、やはり業務量に見合った規模への縮小が避けられないかもしれません。


実際、今年の7月に、監査法人トーマツが440人のリストラを行っていますが、まだ当面は厳しい状況が続きそうですね。


一方、合格後、就職できずにいる試験合格者が、一説では1000人近くいるとか。
今年の、試験合格者数にも影響を及ぼす可能性がありますね。


※コンフォートレターとは、会社が社債などを発行する時に、監査法人が主幹事証券会社に、届出目録見書の記載内容のうち、主に会計に関する記載内容に誤りがないかどうか、確認した文書です。


よろしければ、クリックをお願いします。↓

人気ブログランキングへ



同じカテゴリー(監査)の記事

Posted by 森公認会計士事務所 at 12:09│Comments(0)監査
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。