プロフィール
森公認会計士事務所
森公認会計士事務所
<サービス>
◆創業融資に特化
 ・日本政策金融公庫の創業融資
 ・東京都港区の制度融資でも、創業支援を行っています


< 概要>
◆住所: 東京都港区芝浦3-12-2 芝浦田中ビル5F
◆TEL: 03-6722-0960 FAX:03-6722-0961
◆HP: https://tamachi-yushi.com/
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人

2011年08月18日

【節電+節税】 LED照明で賢く節税!

こんにちは、東京港区の公認会計士 森 滋昭です。

お盆も終わりましたが、まだ暑い日が続いていますね。
今年は節電で、扇風機や浴衣が売れたり、いつもの夏商戦とは少し違いました。


ところで、節電でよく売れた商品の一つは、LED電球ではないでしょうか。

GfK japanの販売動向調査では、「家電量販店店頭における6月のLED電球の数量構成比は43.5%(3.11震災前は約20%)と白熱電球を上回った」そうです。


各メーカーもいろいろな商品を開発し、LEDの低価格化も進んでいます。
例えば、
 ・セブン&アイは、従来の「約半額」のLED電球発売1280円のPB商品を発売
 ・内田洋行は、LED照明を入退室管理システムなどと連動で自動制御を開発
 ・ロームは、自然に広がる光を実現した「AGLED(アグレッド)」を開発
など、さまざまな商品が開発されています。


節電効果も、例えば、「広州国際照明展覧会」特別レポートによると、ロームが開発した蛍光灯タイプの直管形LEDの省エネ効果は、
「 1フロア(18m×18m)に2灯用を36台ずつ設置、5階建てのビルを想定。年間3000時間点灯、電気代22円kWhで試算すると、従来の蛍光灯と比べ、約70%の節電効果」が、見込めるそうです!!

【節電+節税】 LED照明で賢く節税!


このLED、税務的にも、基本的には全額を損金に計上できるので、節電と合わせて、節税効果も見込めます。


実際、すでに多くの企業が、オフィスや店舗、物流施設などの照明をLEDに切り替えています。

企業の場合、まとめてLEDに取り換えると、数十万のコスト、会社によっては、数千万円規模の支出となることもあります。

このような多額の取り換え費用がかかった場合でも、LEDが取得価額10万円未満の少額減価償却資産に該当すれば、全額を損金に計上できます。

具体的にLEDが少額減価償却資産かどうかは、部屋やパーテーションなどのスイッチごとの取得価額で判定します。

つまり、スイッチ単位でコントロールされるLED照明を合算して、10万円を超えなければ、全額損金に計上できます。

通常は、スイッチごとのすべてのLED照明を足しても、十万円を超えることはありません。


なお、蛍光灯などの寿命が切れる前に、LEDを取り替えても、建物や付属設備の価値を増やす訳ではないので、“資本的支出”ではなく”修繕費”として問題ありません。


ところで、今回の東日本大震災や原発事故により予想外の特需となって、好決算の会社も、意外と数多くあります。

そんな時、例えば、決算前にオフィスや工場の照明を、全部LEDに取り換えれば、今期は節税効果が見込め、来期以降は節電効果により電気料を節約し、コストを下げられますね。


よろしければ、クリックをお願いします。↓

人気ブログランキングへ

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 ★ 森公認会計士事務所 公式ホームページ
  http://f.a-keiei.com/mori-cpa/

 ★ 森公認会計士事務所 公式フェイス・ブック・ページ
  http://www.facebook.com/mori.cpa

 ★ 森 滋昭 ツイッター
  http://twitter.com/#/morishigeaki

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

Posted by 森公認会計士事務所 at 09:43│Comments(1)節税
この記事へのコメント
http://www.ledlightsource.cc/10W-Multi-color-LED-Flood-Lights-36.htmlプロの商業および工業用LED照明サプライヤー
Posted by Philip Lee at 2011年08月23日 22:16
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。