プロフィール
森公認会計士事務所
森公認会計士事務所
<サービス>
◆創業融資に特化
 ・日本政策金融公庫の創業融資
 ・東京都港区の制度融資でも、創業支援を行っています


< 概要>
◆住所: 東京都港区芝浦3-12-2 芝浦田中ビル5F
◆TEL: 03-6722-0960 FAX:03-6722-0961
◆HP: https://tamachi-yushi.com/
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人

2011年12月05日

【独立社外取締役 設置義務化】 民主党WG

こんにちは、東京港区の公認会計士 森 滋昭です。

大王製紙とオリンパス事件を受けて、「独立社外取締役」設置の議論が高まっています。

民主党は11月10日に資本市場・企業統治改革ワーキングチームを設置し、独立社外取締役設置の義務付けを議論しているそうです。

【独立社外取締役 設置義務化】 民主党WG

今回の事件で社外取締役は、
 ・大王製紙:取締役14人中、社外取締役がゼロ
 ・オリンパス:取締役15人中、社外取締役が3人
となっています。

かつてのエンロン事件でも、事件が起こる前は、エンロンはビジネスモデルだけではなく、企業統治面でも進んだ会社のように言われていた覚えがあります。

制度改革や社外取締役制度が全く無意味とは言いませんが、最後は人ですので、不正や粉飾決算そのものを根絶することは、難しいのではないかと思います。


むしろ両事件に共通しているのは、実は、これだけの不正・粉飾決算が有価証券報告書上に記載されているにもかかわらず、ほとんど話題にならなかった点です。

大王製紙の前会長の異常な借入は、関連当事者取引に記載されていました。

また、オリンパスも明らかに異常なM&A取引でした。


少なくとも「ちょっとおかしい」と気付いた人は、社外あるいは社内のどこかにいたのではないでしょうか。

そして、もし気付いた人がいれば、どこかに言える体制が必要なのではないでしょうか。

<あわせて読まれる記事です>
 【大王製紙 特別背任罪の捜査に! 】
 【オリンパスの粉飾事件】 監査人以外の責任

よろしければ、クリックをお願いします。↓

人気ブログランキングへ



同じカテゴリー(会社法務)の記事

Posted by 森公認会計士事務所 at 07:38│Comments(0)会社法務
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。